• Ryu

美容鍼 × 腸子宮温め の相乗効果

最終更新: 2019年1月15日

本日は今や大ブームと言っても過言ではない美容鍼について書きます。何せ接骨院でも始める程です。余程ニーズが高まっているのでしょう。

私自身始めたきっかけは顔面神経麻痺の患者様の施術でした。その方が施術するとお肌の調子がとても良くなるということで、麻痺の回復後も継続して行っていました。その後特に宣伝などはせず口コミで繋がっていき、現在に至ります。男性も5、6名いました。男性でも美容に関心の高い方が増えているんですね。


添付した写真は新年キャンペーンにもなっている【美容鍼と腸&子宮温め】を一回(45分)だけ行った際のものです。


比べると一目瞭然。施術後はフェイスラインがすっきりシャープになり、顔全体に赤みがさして血色も良くなっているのがわかります。 「肌は内臓の鏡」という言葉もあるように、内臓を温めて血流が改善することで肌の状態も自然と良くなります。腸を中心に温めますので飲食物の吸収も良くなり、時間差で肌の状態が上がってきます。鍼だけを行うよりもより効果が持続する仕組みになっています。

ただ、慢性の便秘や下痢、生理不順や筋腫など腸、子宮に不調がある方は効果が出るまでに時間が掛かります。そのような場合、鍼と鍼の間に腸&子宮温めだけでもやりに来てください。目安としては2週間に1回美容鍼と温めのセット。その間2回程度の温めを入れるのが理想です。


正直、全くの初めてで写真のような効果を出すのはちょっと難しいです。モデル(妻ですが)はこれまでも定期的に腸&子宮温めをしていた為、反応が良かったのでしょう。 内臓の状態が整うには個人差が大きく、数カ月掛かる場合もあります。そのような場合でも諦めずコツコツ続けて行けば少しずつお肌の変化を実感できるはずです。

聞いたことはあるけどやる勇気が…とお迷いの方、鍼が大の苦手の妻でもこれだけ刺せるので心配いりません。



今のところキャンペーンは今月いっぱいで終了するつもりです。ご予約お待ちしています。


美容鍼の効果や注意点などはわかり易いコラムを見つけましたので、詳しくはこちらへどうぞ↓ https://carecle.com/column/detail/3

最新記事

すべて表示
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagramの社会のアイコン

© 2018 Ray Garden  All rights reserved