• Facebookの社会的なアイコン
  • Instagramの社会のアイコン

© 2018 Ray Garden  All rights reserved

  • Ryu

リウマチ性多発性筋痛症(以下PMR) 続報と同病の新規患者様

前回掲載以降、10日〜2週間に一度の間隔で施術を重ねています。

(前回の記事はこちら

https://www.ray-garden.info/blog/リウマチ性多発性筋痛症)


12月3日CRP8.34mg/dL、赤沈64mm/h

→1月7日CRP1.13mg/dL、赤沈17mm/h

→2月4日CRP0.87、赤沈25mm/h


プレドニゾロン錠は変わらず朝は5mm夜4mm。


炎症反応、赤沈共に正常範囲に収まりつつありますが、一進一退といったところ。


患者様の自覚症状として

◯寒さの厳しい日にはふくらはぎが強張り歩きにくさを感じた

◯脚の右付け根辺りを中心に脚全体の重だるさがある

◯電車で出掛けた翌日夜、足がピクピク勝手に動いて眠れず。右足の付け根の痛みが出た


等、右下肢を主とした痛み・重み・強張りが残存しています。


何れも我慢出来ないほどの痛みではないが生活には支障が出ているレベルとのこと。


症状が長引かなくなっているので、90分の施術→60分に短縮になってます。

今後も同じペースでの施術を継続希望ですので、またアップします。


先月末の新規患者様

しゃがむのが辛い、一度座ると立ち上がるのが困難、階段を昇るのに足が挙がらない等の症状を訴えて来院。

整形外科で坐骨神経痛と診断を受けたが、鎮痛剤が効かない、一向に良くならないとのことで来院されました。徒手検査では坐骨神経痛所見は出ず、どうもPMRの症状に近い。

こんなに短期間に同じような病気を診るなんて珍しいと思いながらリウマチ科や膠原病専門の病院での検査を勧めました。先日都内の大学病院での検査結果はやはりPMRの診断。


鍼直後は靴が自分で履ける!しゃがめる!楽になりました♪と驚いて喜んでおられました。とりあえずステロイド服用で様子を見ながら、継続して施術していく予定でいます。


新規様は65歳。やはり女性です。この年代に増えているのでしょうか?たまたま重なったのか?


同病で苦しんでらっしゃる方は鍼灸施術も併用してみてください。グッと生活が楽になりますよ。