• Ryu

メンズ美容鍼

最終更新: 2020年5月23日

横浜の職場の後輩が美容鍼を受けにわざわざ来てくれました。

彼も私と同じく、一般の方への施術に加え、終末期などで寝たきりや歩行困難の方のお宅に伺って鍼灸マッサージ施術をしています。

好きでやっている事とはいえ、対人関係の仕事は神経を使います。

自ずと表情筋も固くなり、夕方になると疲れが顔に出てきてしまいます。最近肩こりや目の疲れを感じ、目の周りがピクピク痙攣する事もあるそう。


女性に比べると男性の方が切皮痛(鍼を入れるときの痛み)を感じる方が多いですね。それでも10段階で1〜2のチクッとする程度です。


この日は目や口の周り、コメカミ、鎖骨周り、前腕〜手など、顔だけでなく関連するツボに遠慮なく刺鍼。耳の後ろ〜顎関節周りの筋緊張の左右差が大きかったので指摘すると、偏って噛む癖があるとのこと。まぁ大抵の人は差があります。ここにも鍼をします。この日はお腹の超短波はせず、鍼だけでやってみました。




施術前にしかめっ面や口すぼめなど表情を作ってもらい、施術後に比較して貰います。


目周り⇒動かしやすくなった、緊張がほぐれた

口周り⇒あまり変化なし

首周り⇒詰まった感じがなくなり、とても楽になった


before→after写真ではちょっとわかりづらいですが、頬の弛みが引き締まって若干リフトアップされています。顎先のシワも減ったかな?まぁ、パッと見はほとんど差はないかですかね。



でも本人からの報告によると、「帰りにトイレで鏡を見たらいつもの疲れた顔ではなく、明るい表情に感じた」そうです。リップサービスも出来る可愛い後輩です♪


男性は皮膚も分厚いので変化を出すのには回数が必要ですが、普段からケアをしている方は効果も出やすいです。

営業さんや接客業など、普段人と接する機会の多い職業の方、管理職や経営者などストレスの多い方は特にオススメです。第一印象も良くなると思いますよ。


またやりましたらアップします。


☆温熱療法は女性専用ですが、整体鍼灸は男性もどうぞ。水、土、日に受け付けています。

32回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

リウマチ性多発性筋痛症(以下PMR) 続報と同病の新規患者様

前回掲載以降、10日〜2週間に一度の間隔で施術を重ねています。 (前回の記事はこちら https://www.ray-garden.info/blog/リウマチ性多発性筋痛症) 12月3日CRP8.34mg/dL、赤沈64mm/h →1月7日CRP1.13mg/dL、赤沈17mm/h →2月4日CRP0.87、赤沈25mm/h プレドニゾロン錠は変わらず朝は5mm夜4mm。 炎症反応、赤沈共に正常